So-net無料ブログ作成

日産「ノート:NOTE」にシュアラスター「ゼロウォーター」を使い始めて1年 [車]

ZeroWater_01.jpg
「日産ノート」にシュアラスターの「ゼロウォーター」を使い始めて1年経ちました。
基本は月1回の洗車時に、洗車機によくある「泡ムース、手洗い時間付き」で洗った後に、拭き上げついでに「ゼロウォーター」を施行してました。

1年使ってのまとめ。
長所
・とにかく、コーティングが楽。
・防汚性能が高い。
・ワックスやコーティングのカスが残らない。

短所
・水垢汚れがだんだん目立ってくる。
・光沢が控えめ。

まずは、長所から。
コーティングが楽なのは、面倒くさがりの私には本当に助かります、施行が楽なので、洗車やコーティングが苦になりません。
防汚性能の高さは、だんだん身に染みて分かってきました。
雨が続いたり、花粉、黄砂があると1ヶ月を待たずに汚れることがありましたが、水洗いするだけで綺麗になり、ボディを触るとコーティングしたてのツルツル感が戻ります。
あと、「ゼロウォーター」を使う前はクリーナー成分の入ったワックスを使ってましたが、ワックスの残りカスが細かいとこに入り込んで、除去に面倒な作業をしてました。
ところが「ゼロウォーター」はこういったワックスのカスが出ないので、楽です。

さて、つぎは短所です。
私は洗車の時に水垢取りシャンプーや、水垢クリーナーを使ってないので、水垢汚れがだんだん目立ってきました。ノートの車体がホワイトパールなので、なおさら目立ちます。
きちんと水垢を処理してから「ゼロウォーター」を使う人にはこういう事はないと思います。
光沢は控えめですね、以前使っていたワックスに比べてですが。
でも防汚性能が高く綺麗な状態が保てるので、いいかなと思ってます。

次は、水垢汚れに対する対処方法を書きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます