So-net無料ブログ作成

「ゼロウォーター」と水垢汚れ [車]

ZERO_Water_01.jpg
今回は前回の記事で取り上げたんですが、水垢処理をしないで「ゼロウォーター」を使っていると、当然ですが水垢汚れがだんだん目立ってきます。

そこで色々試したましたが、面倒くさがりの私でも続けらる簡単な方法ということで、「ゼロウォーター」に加えて汚れの状況で「ゼロウォータークリーナー」、「水アカストロングクリア」を併用しています。
拭き取り用のクロスは、「ゼロウォータークリーナー」・「ゼロウォーター」兼用が1枚と、「水アカストロングクリア」用が1枚、水拭き取り専用クロスの合計3枚使います。

まずは洗車機コース「泡ムース、手洗い時間付き」で洗った後に、拭き上げついでに「ゼロウォーター」を施行。
ここで、水垢や、汚れが目立つ場所、汚れで「ゼロウォーター」を弾いてしまうところに「ゼロウォータークリーナー」を使います。
ZERO_Water_02.jpg
この「ゼロウォータークリーナー」は、水垢などの汚れをを除去しながら、ゼロウォーターによるコーティングを同時にできます。
でも汚れ落としの性能は控めで、これだけで全ての汚れに対応出来る感じではありません。
ちなみに、汚れが付きやすいルーフやボンネットには、最初から「ゼロウォータークリーナー」を使ったりしてます。
こういう製品が出て来るということは、「ゼロウォーター」を使っているユーザーから水垢汚れに対する意見が多かったんでしょうかね。

「ゼロウォータークリーナー」で落ちない汚れには、「水アカストロングクリア」を使います。
ZERO_Water_03.jpg
この「水アカストロングクリア」はスプレータイプで使いやすい上に、水垢落としが強力で、2度拭きがいりません。
なので、「SOFT99 水アカストロングクリア」をスプレーしてクロスで拭き取り、「ゼロウォーター」施行とやってます。
最後に拭き取り残した場所を、水拭き取り専用クロスで拭き上げて終了です。
簡単で時間もかからないので、洗車場でたいてい1番早く作業が終了します。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます