So-net無料ブログ作成

「109シネマズ木場」に「IMAXデジタルシアター」が7月15日にオープン! [映画]

imax109kiba.jpg
IMAXデジタルシアターを広めている数少ないシネコン「109シネマズ」「109シネマズ木場」に「IMAXデジタルシアター」が7月15日にオープンします。

公開第一弾は「ハリー・ポッターと死の秘宝PART 2」、そして第二弾は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」となんてタイムリー。



大きな地図で見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

7月29日公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 [映画]

transformers3_01.jpg
7月29日に公開される「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(原題:Transformers: Dark of the Moon)」です。
今作は80%以上がフル3Dで撮影され、「IMAX 3D」でも公開されます。
今までのコメディ要素が封印されて、シリアスな作風になることもあり、トレーラーもそれにならい緊迫感のあるものになってます。
ヒロインは「ミーガン・フォックス」演じるミカエラから、「ロージー・ハンティントン=ホワイトリー」演じるカーリーに代わってます。
コメディ要素が封印されるので、「ジョン・タトゥーロ」演じるシモンズはどうなるんだろうと思っていたら、出てきます。
彼の勝負パンツを見ることはできるのでしょうか。

transformers3_02.jpg
transformers3_04.jpg
1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した時に発見された重要な事実、それをNASAとアメリカ政府は長きにわたり隠してきた。
しかしそれは、大きな間違いであった。

transformers3_05.jpg
transformers3_07.jpg
transformers3_08.jpg
transformers3_09.jpg
transformers3_010.jpg
transformers3_011.jpg
transformers3_012.jpg
transformers3_014.jpg
transformers3_015.jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

3Dで描かれるアクション映画「三銃士(原題:The Three Musketeers)」 [映画]

TheThreeMusketeers_00.jpg
3Dで公開される「三銃士(原題:The Three Musketeers)」です。
監督は「バイオハザード」シリーズの「ポール・W・S・アンダーソン」ということは、当然奥さんの「ミラ・ジョヴォヴィッチ」も出演してます。
「アバター」で使われたフュージョンカメラシステムを使用して撮影された「バイオハザードIV アフターライフ」と同様に見応えのあるアクションに期待してます。
公開は2011年10月予定です。

TheThreeMusketeers_01.jpg
TheThreeMusketeers_02.jpg
TheThreeMusketeers_03.jpg
TheThreeMusketeers_05.jpg
主役のダルタニャンは「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」でも主役を務めた「ローガン・ラーマン」です。
三銃士は「マシュー・マクファディン」が「アトス」を、「レイ・スティーヴンソン」を「ポルトス」、「ルーク・エヴァンス」が「アラミス」を演じています。

TheThreeMusketeers_04.jpg
そして、「オーランド・ブルーム」が妙なガンスミス?「ジョージ・ヴィリアーズ」を演じています。

TheThreeMusketeers_06.jpg
「ミラ・ジョヴォヴィッチ」は「ミレディー・ド・ウィンター」を演じています。
ミラはどうもこういうシーン多いですね。

TheThreeMusketeers_021.jpg
TheThreeMusketeers_022.jpg
TheThreeMusketeers_023.jpg
TheThreeMusketeers_024.jpg
TheThreeMusketeers_026.jpg
TheThreeMusketeers_025.jpg
TheThreeMusketeers_030.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「X-Men」3部作の前日譚となる「X-Men: First Class」のトレーラーが公開されてます [映画]

X-Men_FirstClass_030.jpg
映画「X-Men」3部作の前日譚となる「X-Men: First Class」のトレーラーが公開されてます。
X-Menの創始者で強力なテレパシー能力を持つミュータント「チャールズ・エグゼビア教授」、ブラザーフッド・オブ・ミュータンツの創設者で強力な電磁力を操るミュータント「エリック・レーンジャー / マグニートー」が若い頃に焦点をあてた映画で、監督はマシュー・ヴォーン、公開はアメリカで6月3日です。

X-Men_FirstClass_01.jpg
X-Men_FirstClass_020.jpg
若き日のエグゼビア教授を演じるのは、「ウォンテッド」で主演、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」の「タムナスさん」という、えらく落差のある役を演じていた「ジェームズ・マカヴォイ」です。
「X-Men」3部作ではマグニートーと対立する立場でしたが、この頃は親友です。
X-Men_FirstClass_05.jpg
X-Men_FirstClass_06.jpg
あの2人が組んだら怖い存在ですね〜、それだけにバトルシーンも期待大。
X-Men_FirstClass_020.jpg
X-Men_FirstClass_03.jpg
「恵まれし子らの学園」もすでに立ち上げてます。
学園内にある?戦闘機も出てきますが、「トランスフォーマー/リベンジ」に出て来る「ジェットファイア」に似ているような。

X-Men_FirstClass_02.jpg
エリックことマグニートーを演じるのは「ミヒャエル・ファスベンダー」です。
「X-Men」3部作でマグニートーを演じた「イアン・マッケラン」に似てます。

X-Men_FirstClass_07.jpg
「X-MEN:ファイナル ディシジョン」では天井に逆さに座って登場したビースト、なんか若いです、あたりまえか。

X-Men_FirstClass_04.jpg
レイヴン・ダークホルムことミスティークを演じているのは若手の実力派「ジェニファー・ローレンス」です。
この人外せないですよね、格闘能力の高さが半端ないですから。
ただ、あの全身に施された特殊メイクは裸同然なので、演じる俳優は大変です。
「X-Men」3部作のメイキング見ると分かりますが、同役を演じた「レベッカ・ローミン」大変そうでした。

X-Men_FirstClass_09.jpg
「X-MEN2」でストライカーのミュータントの息子によって操られ、映画のオープニングシーンでホワイトハウスを強襲し、その特異な能力を印象的に見せつけてくれた「ナイトクローラー」の父親「アザゼル」が出てきます。
息子は青い肌だったけど、父親は赤い肌ですね・・・、少し「ヘルボーイ」に似てるな。
横にいるのはテレパシーを操り全身をダイヤモンドに出来る「エマ・フロスト / ホワイト・クイーン」ですね。「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」にも出ていました。

X-Men_FirstClass_08.jpg
X-Men_FirstClass_010.jpg
X-Men_FirstClass_030.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「デンゼル・ワシントン」と「クリス・パイン」が共演する「Unstoppable」 [映画]

Unstoppable_00.jpg
「デンゼル・ワシントン」と「スター・トレック」で主役の「ジェームズ・T・カーク」を演じ注目された「クリス・パイン」が共演する「Unstoppable」です。
監督「トニー・スコット」と「デンゼル・ワシントン」の組み合わせは「サブウェイ123 激突」でもありましたが、今作も電車モノです。
小説が元になっていた「サブウェイ123 激突」とは違い、今作「Unstoppable」は実話が元になっています。
アメリカで11月12日公開です。

Unstoppable_01.jpg
Unstoppable_02.jpg
Unstoppable_03.jpg
中心となるのはデンゼル・ワシントン演じるベテラン鉄道エンジニアの「フランク・バーネス」、クリス・パイン演じる若手の車掌「ウィル・コルソン」の2人です。
デンゼル・ワシントンの演技は相変わらず凄いです、ベテランエンジニアの雰囲気バシバシ出てます。
クリス・パインはどうしてもカークに見えてしまいますが、何か起きても何とかしてくれそうな感じです。

Unstoppable_07.jpg
「7つの贈り物」に出ていた「ロザリオ・ドーソン」が鉄道の通信指令係「コニー・フーパー」を演じてます。
「7つの贈り物」は良かったですね、途中でストーリーが読めてしまいましたが、それでも感動しました。
Unstoppable_011.jpg
ちなみにコニーの上司を「トランスフォーマー」シリーズで主人公サムの父親を演じていた「ケヴィン・ダン」が演じています。

Unstoppable_05.jpg
Unstoppable_06.jpg
Unstoppable_012.jpg
のどかな田舎町を突如混乱に陥れたのは800メートルもの長さで無人で暴走する貨物電車、しかも積荷は可燃性の液体と毒ガスという最悪な状況。
Unstoppable_016.jpg
Unstoppable_017.jpg
プロとして、町に住む家族のためフランクとウィルはなんとか暴走を止めようとします。

Unstoppable_014.jpg
Unstoppable_018.jpg
Unstoppable_019.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました [映画]

Karigurashi_banner.jpg
Karigurashi_01.jpg
本当は「エアベンダー 3D」を観るつもりがうっかりして、時間を間違えて来週観るつもりだった「借りぐらしのアリエッティ」にしました。
療養のために母が以前住んでいた大叔母の元に1週間過ごすことになった「翔」、母が観たことがあると言っていた小人を見かけます。
この小人が14歳になる「アリエッティ」で時を同じくして、初めての「借り」に望むことになります。

翔が小人を見かけるきっかけを作ったのが、カラスと猫のニーヤのバトルです。
ジブリに出て来る猫って肥満気味で個性強いこと多いですね。
個人的に「猫の恩返し」の「ムタ」さん最強です。
小人から見たニーヤはとても恐ろしいです。

アリエッティの家族から見た人間の世界が丁寧に作られていて、近くに小人が住んでいてもおかしくないなと思わせます。
アリエッティのお母さんホミリーが入れてくれるお茶ですが、表面張力のためポットから注ぐときは大きい塊で出てきます。
お父さんのポッドが使う道具や装備品も「借り」で手に入れたものを改造しています。
両面テープの使い道には、なるほどと思いましたし、ハンダ付けも小人にとっては強固な接合になります。
ちなみに電気やガス、水などのライフライン全てを必要な分だけ「借り」ています。
「借り」という言い方もいわゆる「借り」ではなく、「狩り」というイントネーションで使われています。
小人にとって「借り」は生活に必要ではあるが、非常に危険なことなんです。

床下なので、控えめに可愛く虫が出てきます。
以前は家の周辺でもよく見かけたカマドウマも出てきます。
あとテントウムシとかダンゴムシ、女性が震え上がるあの虫も出てきます、実際にホミリーも震えてました。
アリエッティがかかえるダンゴムシは私が知っているものより小さかったですね。

出て来るキャラクターとその声優がよく合ってました。
ホミリーの「大竹しのぶ」はさすがですね、声だけで存在感が伝わってきます。
「樹木希林」の家政婦「ハルさん」は適役です。
翔を演じる「神木隆之介」はジブリによく出てますね、この前TVでやっていた「ハウルの動く城」の「マルクル」、「千と千尋の神隠し」の「坊」とか。

CGは最小限で、ジブリ特有の暖かさのある絵はいいですね。初監督になる「米林宏昌」がアニメーターだから余計にそう思ってしまいます。

Karigurashi_banner.jpg



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「M・ナイト・シャマラン」制作・脚本のホラー「デビル(原題:Devil)」 [映画]

Devil_01.jpg
「M・ナイト・シャマラン」制作・脚本のホラー「デビル(原題:Devil)」です。
エレベーターにたまたま乗り合わせた5人に起こる超常現象を描いたホラーです。
アメリカで9月17日公開です。
M・ナイト・シャマラン監督でもうすぐ公開される「エアベンダー」も楽しみです。

Devil_02.jpg
Devil_03.jpg
Devil_04.jpg
Devil_05.jpg
Devil_06.jpg
とあるオフィスビルでエレベーターにたまたま乗り合わせた5人。

Devil_07.jpg
Devil_08.jpg
Devil_09.jpg
Devil_017.jpg
ところがエレベーターが故障のためなのか停止してしまう。
どうしたんだろうと戸惑う5人に予想もしない超常現象が起こり始めます。
監視モニタにフラッシュバックのように現れる不吉な画像が恐怖の妄想を駆り立てます。

Devil_010.jpg
Devil_011.jpg
Devil_012.jpg
Devil_014.jpg
ビルのエレベーター管理システムを使っても5人を救出できないためレスキューが呼ばれるが、様々な救助機材を用いてもなぜか歯が立たず救出することができない。
大きい電動丸ノコを使ってもなぜか跳ね返されるし、ドアも全然開きません。
その間にも5人には容赦なく不思議な現象が起こり、追い詰められ自ら脱出を試み始めますが・・・。

Devil_015.jpg
Devil_016.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

先週末の北米映画興行収入で初登場首位を飾った3アニメ「怪盗グルーの月泥棒」 [映画]

DespicableMe_01.jpg
先週末の北米映画興行収入で初登場首位を飾った3アニメ「怪盗グルーの月泥棒」です。
ファミリー映画強いです、日本では10月29日公開です。
原題は「Despicable Me」を、どのような邦題にするんだろうと思ってたら、なるほどデス。
ユニバーサル・スタジオにとって初めての3Dアニメは、アトラクションの様なリアルな3Dを目指しているらしく、それを活かしたシーンが出てきます。

DespicableMe_02.jpg
DespicableMe_03.jpg
DespicableMe_04.jpg
主人公は超悪者を目指す「グルー」。
コーヒーショップで並ぶのが嫌で、みんなを凍らしたりと嫌がらせをしては満足している嫌なヤツです。
DespicableMe_05.jpg
DespicableMe_06.jpg
そんなグルーを支える軍団はバナナが元になっているミニオン達です。
DespicableMe_09.jpg
目指すは月を盗むこと、その野望を胸に突き進むグルー。
そんなグルーの吹き替えは「笑福亭鶴瓶」、似合ってます。

DespicableMe_07.jpg
グルーのライバルで、自信過剰でいつもグルーを出し抜く「ベクター」です。

DespicableMe_08.jpg
グルーはベクターに縮小ビーム銃を盗まれてしまい、取り返そうとしますが、ベクターにことごとく阻まれてしまいます。このシーンが楽しいです。
そこでベクターの家に出入りしている孤児院の3姉妹を利用する為に引き取る事にします。
しかし父親が欲しい3姉妹に懐かれてしまい、悪者を目指すグルーに最大の試練が訪れます。
3姉妹は左から次女の「イーディス」、長女「マーゴ」、末っ子「アグネス」です。

DespicableMe_011.jpg
DespicableMe_012.jpg
ジェットコースターのシーンなんかは3Dが活きますね、分かっていても体がのけぞりそうです。

DespicableMe_014.jpg
DespicableMe_015.jpg
DespicableMe_016.jpg
DespicableMe_017.jpg
DespicableMe_018.jpg
DespicableMe_010.jpg
DespicableMe_019.jpg
DespicableMe_021.jpg
グルーにピンクの宇宙服は似合わないとおもうぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2010年9月10日世界同時に3Dで公開される「バイオハザードIV アフターライフ」 [映画]

Afterlife_01.jpg
2010年9月10日世界同時に、しかも3Dで公開される「バイオハザードIV アフターライフ」です。
アクションは更に派手になり、なんか「マトリクス」や「キル・ビル」風なシーンもちらほらあります。

Afterlife_02.jpg
Afterlife_03.jpg
Afterlife_04.jpg
前作から5年後、T-ウイルスにより人類はわずかな数を残して滅びている世界が舞台になります。

Afterlife_05.jpg
主人公アリスは、もちろん「ミラ・ジョヴォヴィッチ」、相変わらず信じられないアクションを見せてくれます。
前作で出てきたアリスのクローンも出て来るみたいです。

Afterlife_06.jpg
クレアは引き続き「アリ・ラーター」が演じてます。
「HEROES」で「ニキ」を演じてますが、しばらく気付きませんでした。

Afterlife_07.jpg
クレアの兄クリスは「ウェントワース・ミラー」が演じてます。

Afterlife_08.jpg
Afterlife_010.jpg
Afterlife_012.jpg
Afterlife_014.jpg
Afterlife_015.jpg
Afterlife_016.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ディズニーデジタル3DのCGアニメ「タングルド(原題:Tangled)」 [映画]

Tangled_01.jpg
ディズニーのクラシックシリーズ最新作は、デジタル3DのCGアニメ「タングルド(原題:Tangled)」です。
CGアニメだけど、手描きの暖かさを表現することを目指しているらしいです。
アメリカで2010年11月24日公開です。

Tangled_02.jpg
Tangled_03.jpg
主人公は王国No.1とも言われるイケメン盗賊の「フリン・ライダー」です。

Tangled_04.jpg
そのフリンが訪れた「神秘の塔」。
Tangled_05.jpg
Tangled_06.jpg
そこで謎の物体に襲われ、捕まってしまうフリン。
牢屋に捕らわれてもあっさり脱獄してしまうフリンなんですが、なすすべもなく捕まります。

Tangled_07.jpg
Tangled_08.jpg
そこで出会ったのは、「ラプンツェル」。
ラプンツェルは70フィート(約21m)もの長さの綺麗な金髪を、自由自在に操ることが出来る不思議な能力を持っています。

Tangled_09.jpg
Tangled_011.jpg
洗ったり、手入れが大変そうだけど、こんな髪の毛あったら便利ですね。

Tangled_010.jpg
このカメレオンも気になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます